ファンデーションの原料はなに?

ファンデーションの原料はいったいなにからできているのでしょう。ファンデーションは、化粧に欠かせないものなので、原料がなにかは気になるところです。美を追求する女性にとって欠かせないアイテムのファンデーションの原料は、絹雲母というもので、鉱物の一種になります。愛知県にある粟代鉱山は、国際的な絹雲母の供給源として有名で、そこから掘り出される絹雲母は、真珠光沢をもち滑性があると言われています。実はこの成分を活かして世界中の化粧品が作られているのです。資生堂、カネボウ、メナード、ロレアル、シャネルなどの国内外の大手メーカーは、ファンデーションの原料として、粟代鉱山の絹雲母を使用しています。かつては、鉛粉という白色顔料の鉛白が、化粧用のおしろいとして使用されていたのですが、これは鉛になるので問題がありました。女性や歌舞伎役者などに鉛中毒がみられたことから、日本では鉛白化粧品の製造が禁止となりました。ファンデーションの原料は、絹雲母ですが、化粧品には防腐剤が入っています。それは、微生物による汚染を受けやすいからです。腐敗して品質劣化を起こさないよう、化粧品には防腐剤が含まれているのです。

人気のミネラルファンデーション